●●●

2016年7月18日

留年を繰り返し、本年度パスしないと医学部を退学になってしまう方へ

進級支援コーチ名古屋は、現役医学部生、及び卒業生のための専門予備校です。現在、医学部の留年数は薬学部や歯学部ほどではありません。しかし深刻度が全く違います。医学部における留年(特に私立医学部)は、学費が桁違いに高いこと、知識量が半端ではないこと、生物を全く学習しないままに入学してしまってしまったため、基礎学力が定着しないまま入学してしまったことなどから、他の学部よりもはるかに深刻なケースであることが多いのです。何も対応をしないままでは医師になれない可能性が高いのです。毎年、医学部で留年を繰り返したため、退学になり、薬学部や歯学部に流れていくケースが見受けられます。悲しいことです。せっかく医学部に入学できたのに、なぜそのよ うな状況に陥らなければならないのでしょうか?まず早急に学習のやり方を根本的に見直す必要があります。当予備校では、ベストを尽くして、確実に進級できる体制を整えています。道は必ず開けます。興味のある方はお問合せ下さい。
2016年7月2日

再試集中対策(個別)のお知らせ

過去問を分析し、オーダーメイドのカリキュラムを作成。テストに出題されるポイント(=大事なポイント)を中心に最短の時間で最大の効果が出るように指導します。遠方の方にはインターネットによるオンライン個別指導があります。全国どこからでも受講可能です。詳しくはお問合せ下さい。
2016年5月17日

総合判定試験対策の個別授業開講のお知らせ(川崎医科大学、埼玉医科大学、帝京大学の方対象)

一般的に総合判定試験とは、各科目の合否に加えて、学年度末に行われる1年の集大成の総合テストです。合格基準以上の点数が取得できなかった場合、その学年時に取得した単位数にかかわらず、留年が確定となります。 短期間の勉強で合格できる定期試験とは異なり、早くからの対策が必要です。進級にとても重要な試験となっておりますので、早めの申し込みをお勧めします。また一夜漬けなどでは対応できず、日頃からの勉強が不可欠となってくるものなので、通年の受講をお勧めします。遠方の方にはインターネットによるオンライン個別指導があります。全国どこからでも受講可能です。詳しくはお問合せ下さい
2016年5月8日

中間考査集中対策のお知らせ

医学部の中間考査の時期は大学により/教授により異なります。オーダーメイドの個別カリキュラムを実施しています。ご自身が苦手な教科/分野を集中的に指導します。ご希望の方はお早めにお申込み下さい。
2016年5月1日

ゴールデンウィーク集中特訓コースのお知らせ

ゴールデンウィークを利用して、遅れを取り戻す個別コースです。ご自身が苦手とする教科を集中的に攻略します。前期テストに向けて、早めに苦手な教科を攻略しておくことで、ゆとりを作り、無駄に教科を落とすことがなくなります。
2016年4月19日

特別個別指導講座の開講のお知らせ(前期)(医学部2年生対象)

医学部2年の方を対象に、生理学・生化学・解剖学の特別個別指導講座を実施します。中でも生理学は、一般的に最も攻略が難しい科目とされており、出題する教授の趣向が大きく反映する教科でもあります。情報収集しながら、ポイントを要領よくまとめなくてはなりません。進級支援は情報戦です。留年を繰り返す方はそのあたり疎い人が多いように感じられます。プロ講師が、教科内容だけでなく、情報戦の指導も行います。今後留年しないサイクルを作り上げることができます。
2016年4月11日

[薬理学]対策個別支援講座の開講のお知らせ(藤田保健衛生大学[医]の方対象)

藤田保健衛生大学[医学部]の方を対象に、[薬理学]個別対策講座を開始します。
当予備校ではプロ講師による完全個室個別指導の進級支援を行っています。
ご希望の方はお問合せ下さい。
2016年3月19日

医学部の留年防止/進級支援/卒試&国試対策に関して、遠方よりお問合せ頂いた方々へ

遠方の方から最近お問い合わせが増えています。当予備校では、医学部対象の留年防止/進級支援対策/卒試&国試対策を実施しています。これは、数年前から主に開業医の方のご要望により、自然発生的に始まりました。2014年からホームページによる一般募集も開始。かつては、入学後は、自力で進級は頑張り、国試は大手予備校の力を借りて乗り切るというのが一般的な流れでした。しかし国試が難化する中、多くの大学は国試の成績をよくするため、進級を厳しくし、留年者数を増やしています。「進級できるなら、国試は受かる」という流れになってきているのです。大学受験でよい成績をとっていても、入学後もよい成績をキープできる保証はありません。国試の難化は今後も続くため、進級の難化も比例して続くのは間違いありません。
留年&卒試&国試浪人には多くのデメリットがあります。ご自身の経歴に傷がつきます。社会に出るのが遅れるだけでなく、テストの情報を友人から入手しにくくなります。モチベーションを挫かれることなどから、いったん留年/国試浪人してしまうと、繰り返す傾向があります。最悪の場合、退学に至ったり、進路を絶たれてしまう可能性もあります。 遠方にお住まいで、普段通学するのは難しい方には、オンライン指導(もちろん内容は完全個別指導)も可能です。詳しくはお問合せ下さい。
授業に関して、お問合せを頂くことが多いので簡単にまとめておきます。

(進級支援に関して)
※プロ講師による完全個室個別授業なので、ご自身のペースで授業を受けることができ、日程、曜日、時間をご自身のペースで設定することが可能です。完全個室指導なので、プライバシーが守られ、他人に知られずに通うことができます。
※体験授業あります。講師交代可能です。また更新を複数組み合わせることも可能です。
※親子面談となります。毎週土日、及び祝日に実施しています。時間は講師と調整後、ご連絡させて頂きます。
※皆さんの授業ペースを見ていると、だいたい普段は週1回で、テスト前になると増やす方が多いようです。時間は2時間が1コマとなります(医学部生は3時間が1コマ)。一度留年してしまった方でも、プロ講師のマンツーマン指導により、今までのところ、再び留年になってしまった事例はありません。 卒試&国試対策コースは別になります。その方のニーズに合わせて対応できます。詳しくはお問合せ下さい。
※今年進級しないと放校処分になってしまうようなケースにも柔軟に対応できます。進路を絶たれて、高卒と同じになってしまうのは悲しすぎます。問題をご自身だけで抱え込まないで、お早目にご相談下さい。早く対応すればするほど効果があると思われます。

(卒試&国試対策について)
※プロ講師による完全個室個別指導。カリキュラムをご要望に応じて作ることが可能。
※1~5月スタート(2016年度)。開始期間を指定して下さい。
※学力チェックテスト→授業カリキュラム作成→授業開始となります。(授業回数、授業時間、履修科目などは学力チェックテストを見て、提案させて頂きます。)
※体験授業あり。講師の交代可能です。
※親子面談となります。データとなるものをご持参下さい。
※授業料はとる時間数に応じて異なります。詳しくは面談時か電話でお問合せ下さい。
※国試受講生、全員合格[受講生合計25名/25名合格(第107~109回)]
※第110回医師国家試験合格率[速報] 92.3%(12/13人)(浪人6人含む)
※今年卒試に合格しないと放校になってしまうようなケースにも柔軟に対応できます。問題をご自身だけで抱え込まないで、お早目にご相談下さい。早く対応すればするほど効果があると思われます。
※いったん浪人すると国試の合格率は著しく下がります。国試の難易度は毎年上がっていることを考えると、普通に勉強しているだけでは、何年も浪人してしまう可能性が大きいと思います。問題をご自身だけで抱え込まないで、カウンセリング(=弱点発見)を早めに受けてみて下さい。浪人を何年も繰り返す人は、前年度と同じ勉強法を繰り返す人に多く見受けられます。プロに早く診断してもらった方が得策です。

特に川崎医科大学、帝京大学、埼玉医科大学、金沢医科大学に関して、生徒が多いこともあり、データが揃っており、講師もポイントを熟知しています。
当予備校は、名古屋駅から、地下鉄一区間、徒歩3分の交通至便な場所にあります。講師の数には限りがありますので、お早目にお願いします。定員になり次第受付は終了します。

2015年12月19日

残念ながら医学部の卒試が不本意な結果に終わられた方に

医学部の卒試が不本意な結果に終わるということは、今後の国試が懸念されるということです。今後の確実な成功に繋げるために早めの対策をお勧めします。また当予備校はプロ講師による完全個室のマンツーマン指導を行っています。プライバシーは完全に守られます。ご興味のある方はお早目にどうぞ。定員になり次第締め切ります。
2015年12月1日

「平成28年度東海大学医学部編入試験 対策講座(個別)」のご案内

平成28年度東海大学医学部・編入対策講座を開講します。プロ講師が東海大学医学部の過去問を完全個室個別対応で解説してゆきます。まとめとして、当予備校オリジナルの問題集で傾向をつかみ、最後に予想問題を実施します。興味のある方はお問合せ下さい。
2015年11月21日

医学部生対象の留年防止/進級支援(完全個室個別)を開始します。

11月から2月の学年末テストに向けて、集中個別講座を開講します。特に生化学や生理学などの多く留年を出す教科を集中的に解説し、学年末で合格点を取れるように指導します。
 国公立大の基礎医学分野の試験では、教科書に載っている一般的な話だけでなく、最新の研究による知見なども出題されるため、試験対策が一層難しくなっています。そのような最新の研究内容にも対応した試験対策を行うためにも、お早目のお問合せをお勧めします。特に名古屋市立大学、愛知医科大学、藤田保険衛生大学、金沢医科大学、川崎医科大学、帝京大学、埼玉医科大学の留年防止/進級支援に力を入れています。定員になり次第打ち切ります。
2015年10月2日

提携ホテルのご案内

遠方からのお問合せが増えています。進級支援コーチでは、提携ホテルが2つあります。
○ホテルトラスティ名古屋(〒460-0003 愛知県名古屋市 中区錦2−11−32)
○レオパレスフラット新栄(〒460-0007 愛知県名古屋市 中区新栄1丁目5-31)
当塾より近く、費用もリーズナブルで生徒の皆さんからも好評です。集中して学習に取り組むことができます。
近隣だけでなく、遠方からも多くのお問合せを頂いています。週末にホテルに宿泊して集中的に講座を受講できます。提携ホテルはHPに掲載されていますので、ご利用下さい。

名古屋駅から1駅区間(鶴舞線の伏見駅下車)ですから名古屋市、岡崎市、豊橋市、一宮市など、愛知県はもとより岐阜県、三重県、静岡県、長野県からも通学可能です。
また大阪からは近鉄などを利用すれば交通至便です。関西地方からは京都、滋賀、奈良、兵庫などからも多くの方が通われています。