進級支援ブログ

5月 13, 2022
から osima
0件のコメント

第一回IT試験の科目別傾向と対策(藤田2年) IT試験対策実施中 受付代表 052-220-5446

〇IT試験は藤田2年のみにある試験で、各科目の成績の20%はこれで測られます。

〇全5回のテストです。

〇前期3回、後期2回です。中間、期末とは別の試験です。

 

IT試験一回目の科目別傾向と対策

※授業一コマで一問

※今年は61問ありました。

・生理学

※先生が出題する復習問題一覧

※過去問

・生理学2

※クエスチョンバンク

※授業中に主に出される練習問題

・生化学

※今年英語の授業あり。テストもその授業分の問題は英語で出題

※クエスチョンバンク

※同じ問題は出ないが、過去問に近い問題が出る傾向あり。

・薬理学

※レジュメ中心の対策

・アレルギーと生体防御

・クエスチョンバンクの解説を読めば、ある程度解答出来る。

・医学統計学

※先生が一覧で配布する問題の類似問題

・解剖学

※先生が一覧で配布する問題そのまま

 

2月 11, 2022
から osima
0件のコメント

直前再試対策(個別)を実施中(愛知医科大学1・2年対象)~連絡先代表 052-220-5446~

愛知医科大学1・2年の方を対象に直前再試対策を実施しています。

コロナ下で入学して、人脈不十分な中、頑張っている方のために開催しています。

(愛知医科1年の再試試験日程)・・・特に対策が必要な科目

2月15日・・・解剖

2月21日・・・細胞生物

2月22日・・・生化学

2月25日・・・生理学

 

臨床医学が私立では、勉強時間が1年長くなっている傾向にあります。よって、カリキュラムの前倒しが起こっているわけです。上記の科目も、従来は2年で行われていた科目ばかりですが、今は1年で実施されています。国公立では、2年時で指導されています。

現在、お申込みの方が多数います。愛知医科の科目内容に熟知した講師が、マンツーマンで合格に向け、最短で指導します。

残り若干名ですが、受け入れ可能です。ご希望の方は、お電話にてお問合せ下さい(代表 052-220-5446)

 

 

 

 

12月 5, 2021
から osima
0件のコメント

東京品川校、神戸三ノ宮校が12月にスタート~受付代表052-220-5446~

東京品川校、神戸三ノ宮校が12月15日よりスタートします。各校舎とも上限10名で受付します。定員になり次第締め切ります。ご希望の方はお電話にて(受付代表は、052-220-5446)。

東京品川校・・・東京都品川区北品川一丁目 30-22 202号室(京急本線 北品川 徒歩6分)

神戸三ノ宮・・・神戸市中央区加納町3丁目1番20号701号室

11月 3, 2021
から osima
0件のコメント

(工学部・理工学部) 後期試験対策を実施中 ~名古屋校 代表受付 052-220-5446~

コロナ下において、全国の多くの工学部・理工学部において、多くの生徒が前期試験を落としてしまっているようです。

前期で大事な専門科目などを落としている生徒の数は、コロナ前に比べて激増しています。

昨年はコロナ一年目で、大学側も多くの専門科目などを課題や簡単なオンライン試験にして通してしまいました。今年はコロナ二年目ということで、昨年とは比較にならないほど厳しくなっています。このままだと、来年留年数がさらに激増することは間違いないと思われます。

以前から推薦入学者に多かったのですが、数学、物理の知識が全く足りないのに、工学部・理工学部に入学していた状況で、コロナになり、オンライン授業が導入されて、学習習慣が失われ、情報が十分に入ってこない中で、学習をしていかなくてはならない状態になりました。昨年はコロナ一年目で、大学進級に関しては、ボーナスステージ状態(一年目に留年した方は非常にリスキー)で、今年は切り替えの年、来年は留年数maxとなるのではないでしょうか?今は後期試験を控え、焦っている方々多い状況です。

工学部・理工学部ではGPAが希望の研究室に入るのに重要ということもあり、費用的にも、キャリア的にも、留年のダメージは計り知れないほど大きいと思われます。

☆進級支援コーチでは、現在後期試験支援をしています。しっかりと対策をして、留年を未然に防ぐのが目的です。もし留年してしまっている方がいるなら、今後留年を繰り返さないようにすることが大事です。

各大学の指導方針を熟知した講師たちが指導にあたっています。

〇授業は全て個別のマンツーマンシステム。

〇対面型、オンライン授業どちらも可能です。

〇各大学の定期試験、授業シラバスなど収集

〇詳しい内容は、お電話にてお問合せ下さい。~名古屋校 代表受付 052-220-5446~

(現在入塾している生徒さんたちの在籍している大学一覧)

(工学部)

・愛知工業大学

・大同大学

・東京理科大学

・金沢工業大学

・中京大学

・名古屋工業大学

(理工学部)

・名城大学

 

 

 

 

 

 

 

 

8月 3, 2021
から osima
0件のコメント

生理学の重要問題集の個別サポート実施中(名古屋市立大学2年)~受付代表 名古屋校 052-220-5446~

まもなく試験がある名古屋市立大学の生理学は膨大な範囲です。

重要問題集から出題されますが、全部で42問あり、それぞれが図をまじめての論述形式です。全ての問題をまとめて、正しく記憶しなければなりません。名古屋市立大学医学部生にとって最も大変な科目であると言っていいでしょう。

現在個別サポートを実施しています。

 

 

8月 2, 2021
から osima
0件のコメント

再試の個別指導を実施中 ~代表 名古屋校 052-220-5446~

現在、再試の個別対策を実施しています。各大学の学年&傾向に合わせた個別指導。

全国の校舎にて指導可能。オンライン指導も可能です。

名古屋校が全国の校舎の統括をしています。

ご希望の方はお電話にて。

7月 25, 2021
から osima
0件のコメント

川崎医科大学の2年の前期の注意点 ~お問合わせ 代表 052-220-5446~

1学期の講義末、期末試験のテスト期間中は実習が夜遅くまで毎年あり、さらに新歓期間なのでテスト勉強をする余裕や体力がなくなるので、事前からの勉強が大切です!特に代謝、病態理解、情報伝達は2週間前からテスト勉強に取り掛かりましょう!早くから勉強に取り組むべき教科&二学期以降の対策についても、体験授業でお話しています。

 

 

 

7月 25, 2021
から osima
0件のコメント

川崎医科大学の総合試験について~お問合せ代表 052-220-5446~

川崎は総合試験のみで進級が決まります!総合試験は1~4年生では2日間、5年生では3日間にわたって実施されます。それなら何故中間試験・期末試験が存在するかというと加点減点制度が存在しているからです。定期試験は60点以上が合格になり、60点以下の人は追試を受けなければなりません。追試は1回しかなく、その追試も60点以下だと総合試験の点数から減点となります。減点の加減は追試試験の点数次第で変わってきます。また本試験で合格した人たちの中で80点以上の人は1点、90点以上の人は2点総合試験の点数に追加されます。加点をとればとるほど総合試験での負担が減ります。

ただし幾ら加点を取っても1つでも減点を取ってしまった教科があればすべての教科の加点はすべて無効となります!

減点を持っていても総合試験で挽回して進級できる生徒はいるし、加点を沢山取ったからといって油断してしまい総合試験の勉強が疎かになって進級出来なかった生徒も毎年います。

総合試験の勉強法は直近の過去問を4年分やることなので、加点を持っていても気を引き締めて勉強に取り組みましょう!